勝間和代 速読術(フォトリーディング)のテレビ放送を見た

7/23のがっちりアカデミーで、勝間和代さんが、速読術(フォトリーディング)の特集をやっていた。

本を逆さまにしても、読めていたのには驚き!

最近知ったのだが、「フォトリーディング」というのは、本を早く読むという事は同じだが、「速読」とはやり方などが違うようだ。
違いはこちらに簡単にまとめてみた(速読とフォトリーディングの違いは?) が、速読が数行単位で見るのに対し、フォトリーディングはページ全体を眺めるような感じらしい。

勝間和代さんのブログを読んだのだが、「あなたもいままでの10倍速く本が読める」「本調子 強運の持ち主になる読書道」という2冊の本を読んで、フォトリーディングというものを知ったらしい。

最初は神田昌典さんの著書ではおおげさに見えて「うさんくさい」と思ったらしいが、本調子の本で多数の著者が本当に使ってると知り、興味を持ったようだ。

確かに、セミナーも高いし、1ページに1,2秒くらいでめくっているフォトリーディグを見ると「ほんとに読めてるのか?」と疑いたくなってしまう(^^A)

 でもあれだけの速さで読めれば、ほんとに本屋で立ち読みで済むよな~(笑)

その後、勝間さんはフォトリーディングのセミナーに行って、フォトリーディングを習ったようだが、やり方が少し載っていたので、自分用にメモっておこう(^^ゞ

【フォトリーディングのやり方】

予習
本をぱらぱらとながめて、興味あるキーワードや、本当にこの本を読みたいのか、探してみる。

フォトリーディング
フォトフォーカスで、ページをぼんやりと全体を眺めながら、ページをめくる。目で写真を撮るイメージです。

復習
読み終わった本を、またぱらぱらと眺めて、興味ある質問やキーワードを探す

活性化
この本から質問をしたいことを考えながら、流し読み+拾い読みをして、マインド・マップをまとめる。

う~ん。。やはりこれは習ったり実践しないとよく分からないな~( ̄▽ ̄人)(笑)

勝間さんの習ったセミナーは「園善博」さんという人で、フォトリーディングの元名物講師らしい。本も何冊か出ているようだ。(園善博さんの本

どちらにしても、ただ本が早く読めるだけでなく、記憶力、理解力など他の能力もアップするのはやはり魅力的だ♪

今は「速読」を習得したいと思うくらいで十分なのだが、そのうち機会があったら、フォトリーディングの本も読んでみようと思った。

ちなみに、読む早さが2~3倍くらいになる「お手軽速読術」はこの前「ためしてガッテン」でやっていたものをこちらのページにまとめてみたので、これは家で手軽にトレーニングできるので参考にしてもらえればと思う♪

 

お役に立てたらクリックして貰えると嬉しいです♪ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 速読・フォトリーディングへ


自宅学習講座ソフト「速読セルフトレーニング」のHPへ

  ↑速読トレーニングの実験データや、他の使用者の体験なども見れます。

「フォトリーディング」の関連本

Powered by fun9.net

コメントをどうぞ






速読訓練ソフト「速読セルフトレーニング」学習ブログ
記事一覧
RSS FEED