速読による脳の汎化作用

▼連携によって、他の能力をアップさせる

脳の中には非常に複雑なネットワークが存在している。さまざまな能力が互いに連携を取りながら、知覚、判断、行動を行っている。なので、脳内のネットワークを円滑に機能させるためには、能力を全体的に活性化させる必要がある。

それゆえ、脳には1つの能力が活性化すると、それに連なる他の能力も連鎖的に活性化するという機能がある。それが「汎化作用」である。

脳の汎化作用

▼「見る」能力のアップが高速での「思考」や「理解」を促進する

「ウェルニッケ中枢」という脳の部位は、大脳の言語処理領域において情報を担当しており、目や耳からの情報はすべてここを通過し、それに繋がる記憶、知覚、認識、運動などに各領域へと送られる。

つまり、視覚から高速の刺激が送られれば、このウェルニッケ中枢が活性化し、それに繋がる各領域も活性化され、速読に必要な高速での「思考」「理解」や「記憶」「感性」なども同様に活性化されるというわけである。

脳の汎化作用



自宅学習講座ソフト「速読セルフトレーニング」のHPへ

  ↑速読トレーニングの実験データや、他の使用者の体験なども見れます。

◆ わずか3ヶ月で、利用者の97%の読書スピードが3~10倍アップ! ◆
速読力、記憶力、集中力、脳の処理能力が大幅UP 1日たった15分間、PC画面を眺めているだけでOK!
複数の文字を同時に読み取るトレーニングで脳を刺激する
から記憶力・思考力・集中力アップの効果も期待できる♪

   詳しくはコチラ>>

「速読」の関連本

Powered by fun9.net

速読訓練ソフト「速読セルフトレーニング」学習ブログ
記事一覧
RSS FEED