速読-文章トレーニング-移動読み

▼移動読みの目的

速読セルフトレーニング-画像-移動読み

実際の速読に近い読み方を身につけるための最終的なトレーニング。これまでの「固定読み」では、画面中央に次々と文字が固まりで出てきたが、「移動読み」では、「識幅」を表す文字の固まりが、文章に沿って移動する。

トレーニングでは、この文字の固まり=「識幅」を瞬間的に理解すると同時に、スムーズな「視点移動」ができるようにする。

重要なのは「眼筋運動」ではなく、高速で移動する文字の固まりを「識幅」でとらえ、素早く内容を理解することができるよう、脳の処理機能を高めるように行うこと。

▼移動読みの方法

1)「移動読み」においても、3段階のレベルで画面が表示される。画面全体を広い視幅でながめ、文字を「読む」のではなく、広く「見る」ようにする。

2)高速で移動する文字の固まりを「識幅」にできるよう、脳の処理機能を高めるために行うものなので、無理に目を大きく動かす必要はない。画面全体を広く「見る」ことが重要

3)トレーニングを重ね、新しい読み方に脳が慣れてくるに従って、「識幅」が広がり、「移動読み」が可能になってくる。

4)無理に読もうとせず、あくまでも広い「視幅」をとって画面をながめ、トレーニングを続けることで、脳に新しい読み方を慣れさせる



自宅学習講座ソフト「速読セルフトレーニング」のHPへ

  ↑速読トレーニングの実験データや、他の使用者の体験なども見れます。

◆ わずか3ヶ月で、利用者の97%の読書スピードが3~10倍アップ! ◆
速読力、記憶力、集中力、脳の処理能力が大幅UP 1日たった15分間、PC画面を眺めているだけでOK!
複数の文字を同時に読み取るトレーニングで脳を刺激する
から記憶力・思考力・集中力アップの効果も期待できる♪

   詳しくはコチラ>>

「速読」の関連本

Powered by fun9.net

速読訓練ソフト「速読セルフトレーニング」学習ブログ
記事一覧
RSS FEED