速読-視幅拡大トレーニング

▼視幅拡大トレーニングの目的

速読セルフトレーニング-画像-視幅拡大トレーニング

「視幅」とは、形を鮮明にとらえることができる範囲を指す。多くの字句を瞬時に認識・理解する「識力」を養うには、まず広い「視幅」をとれるようになる必要がある。

「見る」力を向上させるトレーニング。

▼視幅拡大トレーニングの方法

1)画面から30cm以内に近づいて行う。

2)「視幅拡大トレーニング」画面で、広がる図形を見て、視幅を拡大する。
できるだけ広い範囲を見ることで効果が上がるので、図形が画面の外にまで広がるようすをイメージして、左右の床や天井まで目に入れるようにする。

3)見える範囲を広げるトレーニングなので、少しくらい全体が不鮮明になってもかまわない。景色でも眺めるようにリラックスして見た方が、視幅が広がりやすくなる



自宅学習講座ソフト「速読セルフトレーニング」のHPへ

  ↑速読トレーニングの実験データや、他の使用者の体験なども見れます。

◆ わずか3ヶ月で、利用者の97%の読書スピードが3~10倍アップ! ◆
速読力、記憶力、集中力、脳の処理能力が大幅UP 1日たった15分間、PC画面を眺めているだけでOK!
複数の文字を同時に読み取るトレーニングで脳を刺激する
から記憶力・思考力・集中力アップの効果も期待できる♪

   詳しくはコチラ>>

「速読」の関連本

Powered by fun9.net

速読訓練ソフト「速読セルフトレーニング」学習ブログ
記事一覧
RSS FEED