NHK ためしてガッテンで「脳元気!ラクラク速読術」が放送

NHKの「ためしてガッテン」速読術の放送があるらしい。

TVで特集などがあると、色々分かりやすく仕組みなども勉強できて、
やる気もアップするので、とても楽しみだ。

1ヶ月半過ぎて、単調になってくると、ついサボリも出てしまう。
月末忙しくてトレーニングしなく、その後も中々再開できなくなってしまっていた(^^A)

この時期にこういう事があるとリセットしてやる気が出そうなのでとてもありがたい(笑)
早速これを録画予約もしたので、見ながら改めて速読の良さを知って、
毎日のトレーニングを再開する事にしよう♪

でも「3日で確実に効果が出る3か条」ってなんだろう・・。
通常大人の速読習得3ヶ月ほどかかるらしいし、自分もトレーニングして1ヶ月半経っても、まだちょっとしか早くなってないのに・・(笑)
めちゃ気になるな~。これも混ぜたら速読習得にもっと近づけそう♪
放送楽しみにしてよう(=^0^=)

 ★放送の内容をこのページにまとめてみました♪


脳元気!ラクラク速読術(仮)

放送予定:2010年4月7日(水曜)午後8時00分~8時43分

もしも、今の2倍のスピードで新聞や本が読めたら、あなたはどう思いますか?
しかも、ただ速いだけじゃない。読んだ内容をより深く心に刻むことでき、さらに脳が活性化、物忘れ防止にまでつながる。こんな超お得な「読書術」が、なんとたった3日の練習で身につけられる!
練習といっても特別なトレーニングではなく、「あるコツ」を使って新聞を読むだけ。ガッテンが総力を挙げて解き明かす、「最新の科学に基づいた速読術」。
あなたも脳の中の「隠れた能力」を引き出そう!

科学の力で速読のヒミツに迫る
1分で1万字(原稿用紙25枚)を読むという速読者。しかも通常の速度で読んだ人と比べて、理解度もより深い。一体なぜこんなことが可能なのか?
本を読む時、私たちの脳では、音声処理に関わる「ウェルニッケ野」がさかんに活動する。声に出さずとも、自然と脳の中で"音声化"して読んでいるのだ。ところが速読の達人の脳では、この"音声化"が省略されていることが判明!
いわば「パッと見るだけ」で、文章の意味を正確に読み取っていた!

イメージ力を使えば脳イキイキ!忘れにくい!
とはいえ、「パッと見るだけ」で意味を読み取るなんて一朝一夕には無理......、と思いきや、実は私たちも、この読み方はふだんから行っている。たとえば「白飯」「活魚」などの言葉は、たとえ読み方が分からなくても、その意味は瞬間的に理解できる。このときフル活用されるのは、脳がもつ「イメージ力」。脳が活性化され、内容も忘れにくい読み方なのだ。

発表!超お得な読書術を身につけるための「3か条」
新聞さえあれば、1日20分、わずか3日で確実に効果がでる「3か条」を発表。番組内で挑戦した3人は、みごと全員が読むスピード2倍を達成!
「新聞が早く読める」「本をより深く味わえる」などの効果を実感している。

 松本明子、近藤正臣、山瀬まみ

(番組内容は予告無く変更になる場合があります。)



自宅学習講座ソフト「速読セルフトレーニング」のHPへ

  ↑速読トレーニングの実験データや、他の使用者の体験なども見れます。

◆ わずか3ヶ月で、利用者の97%の読書スピードが3~10倍アップ! ◆
速読力、記憶力、集中力、脳の処理能力が大幅UP 1日たった15分間、PC画面を眺めているだけでOK!
複数の文字を同時に読み取るトレーニングで脳を刺激する
から記憶力・思考力・集中力アップの効果も期待できる♪

   詳しくはコチラ>>

「速読」の関連本

Powered by fun9.net

コメントをどうぞ






速読訓練ソフト「速読セルフトレーニング」学習ブログ
記事一覧
RSS FEED