速読セルフトレーニング-3回目-声を出すと記憶に残る

速読セルフトレーニング 3回目

相変わらず早くて内容の理解は難しい・・。
記録も微妙に下がってしまった(^^ゞ
 (ま、数秒の差なので仕方ないとは思うが・・)

速読3回目-速度計測


右脳ゲーム・速解力チェック」という、記憶ゲームのようなプログラムもあるのだが
私は神経衰弱が大の苦手・・。
人の名前を覚えたりするのも苦手なので、記憶力ゲームには弱いのかも・・(o- -)o

右脳ゲーム・速解力チェック

↓ こんな感じのゲームが4種類くらいある

色彩再現ゲーム イメージ記憶ゲーム

このゲームをしてるうちに、覚える時に声を出してみた方が、遥かに覚えている。
やっぱり記憶に残すには「声に出す」といいと改めて分かった!

※でも後で気づいたのだが、「速読」では「音読」では速さに限界があるので
 複数の文字を同時に見る「視読」というのをトレーニングするようなので、
 声に出すのはいけないよう・・( ̄o ̄A)

レベル6くらいまであるのだが、ほとんどがレベル2も間違えてしまうような状態・・。
これがパーフェクトに出来る日は来るのだろうか・・(= ̄へ ̄=)



自宅学習講座ソフト「速読セルフトレーニング」のHPへ

  ↑速読トレーニングの実験データや、他の使用者の体験なども見れます。

◆ わずか3ヶ月で、利用者の97%の読書スピードが3~10倍アップ! ◆
速読力、記憶力、集中力、脳の処理能力が大幅UP 1日たった15分間、PC画面を眺めているだけでOK!
複数の文字を同時に読み取るトレーニングで脳を刺激する
から記憶力・思考力・集中力アップの効果も期待できる♪

   詳しくはコチラ>>

「速読」の関連本

Powered by fun9.net

コメントをどうぞ






速読訓練ソフト「速読セルフトレーニング」学習ブログ
記事一覧
RSS FEED